嵐が去って・・・。
9月 20, 2016 — 20:59

嵐が去って秋がくる・・・なんて悠長なことが言えないくらいの激しさでした、台風16号。あちこち被害が聞かれるなか、地元でも倒木やら土砂崩れやら、被害が出ております。皆さまご無事でしょうか。

我が家はというと、自宅倒壊・・・こそしませんでしたが、まぁいろいろ大変でした。

(台風接近時の大雨・この時はまだその後の事態を知る由もなく。)

夜中0時過ぎ、雨風が強くなってきたなーと思っていたら停電。真っ暗闇の中、近隣に生えている木が折れる音や、何かが飛んできて家に当たる音、家屋の謎の振動に耐えながら寝ることも出来ずゴロゴロしていたところ、突然遠く(だけど室内)から聞こえる水が流れる音。

なんだろうな?と思って台所に行ってみると、流し台の上から水が流れている・・・。

(戦慄の漏水動画・まだこの時は水量少なかった・・・。)

それはまるで家のなかに滝がある、Gack某の家のよう・・・なんて夢があるものではなく、まさに非常事態。

多少の雨漏りなら、外に出て応急処置してから中にタオルを敷いて・・・というようなことをするのですが、外はとても出歩ける状態ではない&タオルを敷いても水量が増える一方で追いつかない・・・と、結局これ以上水が室内に流れないよう、床に貯まりつつある水を、勝手口の土間に流れるように仮堤防を作るくらいしか出来ませんでした。

そうこうしているうちに、

2016-09-20-03-00-15(作業部屋のPCモニタ上の壁)

2016-09-20-03-05-17(玄関室内側の天井)

2016-09-20-03-07-382016-09-20-03-07-45(居間の天井)

2016-09-20-03-05-38(倉庫部屋の天井)

などなどから、大量の漏水が・・・。どの個所も満を持して漏水!と言わんばかりの、不意打ち&急激に大量な漏れっぷりで、もう何が何やら。

極めつけは寝室の窓枠上部から、これまた大量かつ止まらない。

2016-09-20-02-47-35(とりあえずタオルは敷く)

この窓の前には本棚が置いてありましたが、これも水をかぶってしまい、板がふやけて使い物にならない状態。

止まらない漏水と戦いながらもいよいよ強くなる風は、家を倒さんがばかりに吹き荒れ、そのたびに築数十年のボロ家を揺らし、怪しいキシミ音が・・・。あかんやろこれ。

そんなこんなで全く眠れる気がしないまま、明け方雨が止むまで一睡も出来ず。明るくなるのを待って外に出てみたら、

2016-09-20-07-44-45(自宅横の路地・一応舗装路)

まさに台風一過の惨状。

とりあえず朝のうちにある程度片付けてから仕事へ行き、帰宅してから倒壊したパイプ車庫(ビニールハウスみたいなやつ)を組み立てなおして、ようやく落ち着いたところでメシでも食べようと思ったら、ガスコンロの火が付かない&炊飯器の電源が入らない。

そこで思い出すあの滝の情景。ああ、滝つぼにはガスコンロと炊飯器があったなぁと・・・。orz

頼みの電子レンジも、壁伝いに水が入った時にショートして基板が焼けたかシューズが飛んだかしたようで、(気が付いてよそに退避させていたのですが、常時通電していたので手遅れになった模様です。燃えなくてよかった・・・。)電源入らず。

まさに満身創痍な状態でこれを書いております。

結局今回の台風で、

<drumroll>

・ガスコンロ(滝による浸水故障

・炊飯器(同上

・電子レンジ(壁からの漏水による故障

・PCモニタ(近傍天井からの水が背面の回路部に入り故障

・TV&BSアンテナ(強風により落下破損

・畳&ふすま多数,本棚など浸水

</drumroll>

という状況。

この前のポストで、こういうものを入れ替えてる余裕が無いと書いたばかりなのに、なんかもうトドメを刺された感すらあります。(笑)

一応家主に状況を報告するも「Kさんもう引っ越したほうがいいですよ(笑)」と。

まぁ老朽化してるのはわかってることですし、前からボロだったので何か起きるのは止む無しなのでしょうけど、それが出来ればねぇ・・・。苦労はしませんよ、旦那。

あまりのひどさにただただ苦笑いするだけの夜ですが、まぁ怪我が無かっただけヨシとしないといけませんよね、ええ。。。


全国的には、まだまだ被害の全貌が見えてはいませんけれども、あまり大きな災害にならないことを切に願うとともに、先般の豪雨から未だ復旧が住んでいない地域におかれましては、一日も早い復旧をと願って止みません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

頭の体操! * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.