思い出のせき麺。
5月 5, 2018 — 20:39

せき麺といううどんをご存知でしょうか。

細い乾麵なうどんで、原料は小麦粉と塩だけ。神奈川県の北西部で昭和の初めころから作られていて、工場周辺にしか流通しておらず、本当に周辺住民しか知らない(知られていなかった)謎の麺。

工場が新しくなった頃から地元産品として売り出すようになり、少しは名前が知れるようになったそうですが、それでも知らない人の方が多いかと思います。

工場にほど近いところに実家があったおかげでそれはもう何度食べたかわからないくらいで、何かにつけ食卓に上ってくるコシの無い細麺を見るたびにうんざりした思い出。夏休みの間など、昼飯に朝茹でて冷え固まった麺(共稼ぎだったので弁当代わりだったのでしょう)を何度食べたことかと思い出すと、あらためて食べてみようとなかなか思えず、気が付けば20年近く食べてなかった気がします。

久しぶりに食べたのは昨年末に帰省した際、お寺のS先輩宅で頂いたとき。極寒の野外で鐘を撞きまくったあとに食べた一杯が、あれ?こんなに美味しかったかな?と。

子供の頃あんなに食べていたのに、そんなに長いこと食わないなんてことがあるのか?と思い起こしてみても、やっぱり久しぶり。学生の頃も社会人になってからも食べた記憶が無いので、本当に久しぶりだったんじゃないかと。

その勢いでお土産に買って来たのをすっかり忘れていて、ゴールデンウイークも終わろうとしている今日になって、昼ごはんで食べてみましたけど、やっぱりこんなに美味しかったかな?という感想。思い出バイアスがかかり過ぎてるのかな。

昔に比べて製法も原料も良くなったのかも知れませんが、思いのほかコシがあって、ツルツルっと喉を通ります。

今回は濃縮つゆを使って冷やしうどんで食べてしまいましたが、本当は干し椎茸を入れた醤油ベースの温かいつゆで食べるんですよ。(と思うと冷やしで食べたのは初めてかも)

これが故郷の味なのかなぁと思いつつ、たまに食べるぶんには美味しいなと。(笑)


オイル交換など。
12月 2, 2017 — 22:01

中古車を購入したら、まず消耗品類を全交換するのがいつものパターンなのですが、バタバタと忙しくて作業が出来ず。後回し後回しになっていたところ、ようやくまずはオイル交換ということで、手を付けることにしましたうちのポロ。いつものセットを準備して作業です。

上抜き用のポンプが壊れてしまったので、おとなしく(?)下抜きで作業します。ドレンボルトを外して古いオイルを抜いて・・・といつも通りの作業というところですが、ドレンボルトを外す前に、

フィラーキャップが外れることを確認しておきましょう。エンジンオイルに限らず、オイル交換をするときは必ず補給口を確保してから。オイルを抜いてからフィラーキャップが外れない!となってはいけませんから。

(エンジンオイルではまず起きないと思いますが、デフオイルなんかは気を付けたほうがいいです。たまにしか交換しないオイルを交換するときこそ、特に。)

フィラーキャップが外れるのを確認したら、ドレンボルト(19mm)を外して古いオイルを抜きます。オイルが抜け切れたらドレンボルトを締めて新しいオイルを入れます。VWの場合ドレンボルトは交換の都度交換ということになっています(パッキンが組み込みのため)が、見た目で大丈夫そうなのでそのまま使いました。まぁ漏れても場所がわかってるので。

抜いたオイルは墨汁のような真っ黒具合。粘り具合もサラサラでこりゃもうダメだろうというレベル。15年4千キロ無交換ということは無いでしょうけども。(この世代のVWってもうロングライフ指定だったんですかね!?)

入れるオイルは近所のホームセンターで安売りされてたカストロールGTX。年式を考えて粘度は10W-30の鉱物油。今回は短期間で交換する予定(内部洗浄として)ですし、普段から短期間で交換しているので、こんなもので十分。4リットルで1280円。安い。

量は2.8リットルほど。ドイツ車の割には意外と入ってない。軽自動車と大差ない容量なので消耗が速そう。

オイル交換を終えて、ランチがてらその辺をドライブ。

新装(移転)以降行っていなかった高山の米沢食堂へ。以前の古い建物から向かいの建物(元々銀行?だった建物)へ移転した食堂。

 

見た目は大きく変わりましたが、メニューはいつもの米沢食堂でした。魚フライ定食550円。からっとふんわり揚がった魚のフライが美味しい一品。一つ上の定食(ミックスフライ定食)が750円のところ、お店の良心を感じる定食です。

ランチのあとは近所にある荒瀬ダムへ。割と最近出来た灌漑用のロックフィルダムで、自宅からすぐのところにあるのにまだ行ったことがなかったので、せっかくだからと寄ってみました。

 

ロックフィルというだけあって岩がしっかり詰められているんだなぁと。

  

こじんまりしたダムですが、どこのダムを見ても思うこと。強引な作り方だよなぁと。

 

ダムの右岸から入れる林道の入り口には、山から切ったであろう丸太がどっさり。

ふもとにはコスモスとヒマワリが咲いてました。季節がよくわかりません。

特に異常もなく帰宅しましたね。

 


大牟田へ行く。
11月 27, 2017 — 23:35

同級生のTが所用で福岡の大牟田に来ているというので、せっかくなので顔を見に行くことに。

一般道経由で片道260キロ。決して近くは無いのだけど。(笑)

天気は曇り。

 

依頼されていた納品作業を午前中で終えて、引き上げた大判プリンタを車に積んだまま北上。そのまま一般道で人吉を抜けて・・・のつもりが、朝早くから動いていたせいか早速眠気がきたので、高原ICから高速で松橋ICまで。ずいぶんショートカットしたあとは、一般道の慣れた海沿いの道を走り、河内で塩屋みかんを買う。

 

お徳用小みかん500円。ネット一つで5キロ以上ある。

ここのみかんは、全国津々浦々のみかんを食べてきた自分が、三大美味しいミカンとして勝手に推しているみかんで、とにかく味が濃く、甘みと酸味のバランスが良くて美味しい。お土産用の箱入りはMサイズ、自宅用のネット入りはちょうど桜島小みかんと同じくらいの小ぶりなサイズで、ネットに5キロ以上入って500円というお徳用ながら味は変わらず美味しいのだからオススメ。

 

そこらじゅうみかん畑。

海の向こうに雲仙が見える。(※以前の写真)

熊本の海沿いにある河内というところは、平地がほとんどない海沿いの傾斜地に所狭しとみかんが植えられていて、みかん畑の狭間に集落がぎっしりと詰まっているようなところ。

みかん山に囲まれて建物が密集している様子はなかなか圧巻ですので、熊本に行かれた際は見に行ってみるといいですよ。

みかんを積んで大牟田までは1時間かからないほど。広めの道が続くのでとても走りやすいのですが、取り締まりも結構多いようなのでご注意。

Tが泊まっているホテル「おおむたハイツ」は、大牟田市街を見下ろす小高い丘?山?の上に建っている。元どこかの企業の保養所だったような建物で、一見どこかの旅館のような広い和室に素晴らし眺望・・・なのだけど、部屋にバストイレ無し(有る部屋もある)という作り。

一個無くなってもバレなさそうな。

晴れていれば雲仙が見える。

空調が過剰性能。(笑)

夜景もきれい。

テレビは地上波(D+A)のみ。

壁を見れば、何かの事業で付けたと思われるWi-Fiルータがそこらじゅうに・・・おかげでネット環境はまずまずです。

高台にあるだけあって窓からの眺めはとても良いです・・・晴れていればですが。

部屋の天井には業務用エアコンが2基ついてまして、冷暖房の性能は申し分ないですが、つけたままでは煩くて眠れないのはご愛敬。

明け方。

翌日はささっと早朝撤収。大牟田と言えば松屋があるので、軽い朝飯を食べて一般道を走ります。

松屋大牟田店。

カルビ焼肉定食。

大牟田市内の道。新しいところは自転車用の車線が広めに取られていて、とても走りやすそうでした。

青い帯が自転車ゾーン。

何故この名前になったんだろう?焼きそば・お好み焼きの高専ダゴ。

何度か走ったことがある道ですが、通るたびに何か発見があるので面白い。

大丈夫?

歴史長そう。

大判焼き?小判焼きみたいな。

渋み。

都市部を抜けて山間に入るとイチョウやモミジがちょうど紅葉しているのだけど、あいにくの曇天でどうもイマイチ。

晴れていれば紅葉がきれいだったかもしれない。

球磨川沿いは瀬戸石ダムの上を渡って対岸の県道を走ってみました。

瀬戸石ダム。

球磨川と山に挟まれたところに集落が点在していて、そこをさらに鉄道と県道が走っている。

球磨川-県道-鉄道。

舗装はされているのだけど、ところどころ崩れかけていたり崩れていたり穴が開いていたり。県道というよりは鉄道の保線用道路といった趣で、快走は出来ないのだけど圧倒的な風景のおかげで飽きずに走れる。

海路駅。

人吉には、自宅から一番近い「おべんとうのヒライ」があるので、お土産に「ちくわサラダ」を買う。熊本のソウルフードとして崇めたてられている逸品であるので、見かけたら一度ご賞味頂きたいところ。

ちくわサラダ。

都城では、いつも混んでてなかなか寄れないミルクハウスでバニラシェイクを。ここのシェイクは練乳が入っていて暴力的な甘さが病みつきになる一品。これもまた近くにお越しの際はぜひ一度ご賞味頂きたい。

ミルクハウスのバニラシェイク。

約7時間かかって自宅へ到着。今回ポロで初めての遠出となりましたが、自宅~大牟田は無給油で行けるようです。

帰宅。

これだけ走っても腰がノーダメージなのは、いくらボロでもさすがドイツ車といったところ。いろいろ気になるところはありますが、そこは素直にありがたいなと思いました。

さて次はどこへ行きますかね。